西スマトラの観光案内 HISインドネシア

西スマトラ州

西スマトラ州(インドネシア語:Sumatera Barat)は、スマトラ島の中部の西岸部分にあります。州都はパダン市です。西スマトラ州はミナンカバウ族(インドネシア最大の民族グループの1つ)の祖国で、1833年までこの西スマトラはパガルユン王国でした。豊かで美しい文化と伝統を持っている州、西スマトラ州をお楽しみ下さい!

西スマトラの観光名所

1. パガルユン王宮(Istana Pagaruyung)

西スマトラに訪問する方におすすめです!
パガルユン王宮は歴史的なミナンカバウパレスで、ナンカバウの圧巻と言われております。昔パガルユンはミナンカバウ王国の首都で、このパガルユン王宮は王室の住む所でした。
建物は敷地内にいくつかあります。王宮の建物は、3階建てです。ミナンカバウスタイルの木彫りに飾られ、伝統的な屋根で立てられ、七つのホーンが特徴です。ホーンはKabau(野牛)のホーンをイメージして建てられました。
3階建ての建物で、3階から周りの景色も見ることができます。王宮の中で貸し民族衣装屋さんがあります。よろしければ、約三百円で衣装を着て、王宮内を見学することもできます(普段は暑いです)。お土産もあります。ブキティンギから1時間半・パダン市から3時間で行けます。開館時間は朝9時から夕方5時までです。

2. ガライ・シアノッ渓谷(Ngarai Sianok)

ブキティンギ近くの渓谷で雄大な景色Ngarai Sianok です。西スマトラにベスト自然美と言われています。切り立った山肌は雄大で、見ていて時間を忘れる程です。渓谷に沿ってハイキングコースもあります。パノラマ公園から全景を眺めるのが美しいです。川の部分まで降りることも出来ます。ブキティンギ市街の中心部から徒歩で30分位で行けます。





3. 日本トンネル(Lobang Jepang)

日本トンネルはガライ・シアノッ渓谷(Ngarai Sianok)の近くにあります。歴史的な場所です。この場所は日本軍が1942年に 建てました。長さ1400 メートル、高さ約 2 メートル幅約 2 メートルに達するトンネルです。待ち伏せ・監獄 ・武器庫などの為にいくつか特別な客室があります。歴史に興味がある方におすすめです。





4.Koto Gadang長城

ミニ長城
ここからガライ・シアノッ渓谷の景色を楽しめます。景色は美しく、中国の万里の長城のミニチュアの様です。中国の万里の長城コースとの比較はありませんが、楽しく短い散歩ができます。







5. Jam Gadang

Jam Gadangは 大きな時計塔 で、インドネシア最高の時計塔と言われました。ブキティンギ街では、象徴的な施設です。オランダ植民地時代に建てられたこの時計塔は長い間魅力的なランドマークとなりました。市場の近くに位置していて、 お土産の購入にも便利です。





パダン料理

西スマトラの料理は世界的に有名です。西スマトラの料理はパダン料理として知られています。その中でもレンダン(Rendang) という料理が一番美味しくて有名です。牛肉などの肉をココナッツミルクと香辛料で長時間煮込んだ肉料理です。

西スマトラのベストシーズン

一年中通して気候が良くお勧めの都市ですが、ハイシーズン(レバランやクリスマスなど)は混雑し渋滞がひどい為オススメしていません。

西スマトラへの行き方

○飛行機
パダン市にあるミナンカバウ国際空港 が最寄り空港。国際便、国内便両方を扱います。インドネシア国内線でジャカルタから約1時間40分です。