北スマトラ(メダン市)の観光案内 HISインドネシア

北スマトラ(メダン市)!


北スマトラ州はスマトラ島の北部に位置し、東西でマラッカ海峡とインド洋に面しています。州の南部、西部には, 山地が広がっています。山岳地域には、観光地として名高いカルデラ湖のトバ湖があります。
スマトラ島最大の人口を誇る州都メダンはこの平野の中に位置します。スマトラ島最大の都市で、人口規模からいえば、ジャカルタ(首都)、スラバヤ(東ジャワ)、バンドゥン(西ジャワ)に次ぎ、インドネシア第四の都市であります。

北スマトラ(メダン市)の観光名所

1. トバ湖 (Toba Lake)

トバ湖インドネシアのスマトラ島北部にある世界最大のカルデラ湖である。メダンから 4~5 時間距離です。自然の美しさをお楽しみいただけます。
人工の施設がほとんど無く自然のままの広大な湖、必見です。見渡す限りの平らな大地の下に大きな湖が広がっています。
湖中にあるサモシール島は湖面からの火山性のドーム(再生ドーム)であります。トバ湖周辺はトバ・バタッ文化の中心であり、船の形をした伝統家屋や石棺など独特な文化を垣間見ることができます。



2. トモクビレッジ(Tomok Village)

トモクビレッジはサモシール島にある歴史的な場所です。
パラパット から サモシール島 までは、ボートで行くことができます。湖のほとりには多くの素晴らしい景色が見えます。家はバタックユニークで、一見の価値ありで、写真を取ることもできます。歴史的な場所はこのトモクビレッジにある sidabutar キング墓です。
こちらで買うことができるお土産は、キーチェーン・バッグ・帽子・マフラー・木製の人形(ダンス tortor ) などがあります。ダンス tortorはバタックの伝統的な踊りです。



3. シピソピソ滝 (Sipiso-piso waterfall)

トバ湖周辺の観光名所で、雄大な滝の景色は見事です。
シピソピソ滝を近くで見るには、トレッキングが必要です。
見晴らし台からは滝壺が小さく見えます。







4. マイムーン宮殿(Maimun Palace)

マイムーン宮殿は市内中心部の美しい宮殿で、メダンの王族の宮殿です。
この宮殿はデリカテッセン風に建てられた建物です。
王族の画像と歴史を見ることができます。
マイムーン宮殿はマレーイスラム様式の「 elements スペイン料理、インド料理、イタリアンスタイルを兼ね備えたユニークなデザインが施されています。
大きな庭があり、広大な空を見て、新鮮な空気を楽しむことができますので、早朝訪問することをお勧めします。

5. メダングランドモスク (Medan Grand Mosque)

メダングランドモスクはメダンの中心部の大きなモスクであります。
イスラム教の美しさと言われて、豪華なモスクです。美しい色で手入れされた建物は大きくて豪華です。和やかな雰囲気がただよっています。散策することができ、旅をお楽しみいただけます。
こちらへ訪問する場合、適切な服装をご着用ください。観光客でも入ることは可能です。
マイムーン宮殿からは近く、 10 分足らずで歩いてすぐです。





北スマトラ(メダン市)のベストシーズン

一年中通して気候が良くお勧めの都市ですが、ハイシーズン(レバランやクリスマスなど)は混雑し渋滞がひどい為オススメしていません。

北スマトラ(メダン市)の行き方

○飛行機
メダン郊外のデリ・スルダン県にあるクアラナム国際空港 が最寄り空港。国際便、国内便両方を扱います。メダン中心部へは列車が運行しており、概ね90分 – 120分間隔で運行し、所要時間約45分です。