ロンボク島の観光案内 HISインドネシア

ダイビング・シュノーケリング・サーフィンの楽園!ロンボク島!

ジャカルタから飛行機で2時間、バリ島から飛行機でわずか35分に位置するロンボク島
その海の透明度はバリ島よりも透き通っていると言われる魅力的な島です。
また、ロンボク島の沿岸部全体がダイビングシュノーケリングサーフィンのスポットとなっています。
観光開発が進められていますが、まだまだ静かで島本来の素朴さを残しています。
ロンボク島は内陸部には3,000m級の山もあり、トレッキングもおすすめです。
雄大な自然に触れながら、手工芸の村を散策したりササック人の伝統家屋を見学もロンボク島観光の定番です。
ヒンドゥー教とイスラム教の共存したロンボク独特の文化もロンボク島の魅力の一つです。

ロンボク島の観光名所

1.ギリ島(ギリ・トラワンガン、ギリ・メノ、ギリ・アイル)

ロンボク島の北西にあるギリ・トラワンガン、メノ、アイルの3島は、
美しいサンゴ礁を間近に楽しめることで、欧米のバックパッカーを中心に人気になったエリアです。
サンゴ礁が浅瀬まで広がっている為、シュノーケルで鑑賞できます。
島は徒歩1時間程度で周回でき、南部に小高い丘があり、頂上部にゴア・ジュパン (Goa Jepang)
「日本の洞窟」と呼ばれる、第二次大戦中、重要なロンボク海峡を監視していた旧日本軍の砲台跡があります。
船を除けばエンジンのついている乗り物がないので静かでゆったりとした時間をお楽しみ頂けます。

2.スンギギエリア

ロンボク島西海岸に位置するスンギギエリアは島内で最初に観光開発が進められたビーチリゾートです。
海岸近くには高級ホテルが立ち並ぶが、少し内陸に入ると自然豊かな集落となります。
リゾートらしく海岸沿いの道にはレストランや土産物屋、旅行代理店、両替屋が立ち並んでいます。
また、海岸の中央部に300mほどの岬が突き出ており,その北側が海水浴場になっています。
観光客用に開発されたビーチは現在では地元の人たちでにぎわっています。
海水浴場の北側にはちょっと海に突き出した丘があり、バリ島に沈む夕日のビューポイントになっています。

3.マタラム

西ヌサ・トゥンガラの州都マタラムは、ロンボク島の政治と経済の中心地です。
マタラム市は、アンペナン・マタラム・チャクラヌガラの異なった3地区から成り立っています。
アンペナンは空港周辺にある中規模の古い港町で、
国立マタラム大学もあり、アラブ系や華僑が多く真珠を売る商店が多いです。
マタラムは州行政府やオフィスがあり、チャクラヌガラは島の主要な商業中心地です。
イスラム教を信仰する住民が最も多いが、ヒンドゥー教、キリスト教、仏教、儒教などを信仰する住民も多数暮らしています。

4.クタ

南ロンボクのサーフィン・観光の拠点クタ。
バリのクタのイメージとは全く違い、ゆったりとした素朴な漁村といった趣きです。
子供達が裸で走り回り、水牛やヤギがのんびりと草を食べている日常です。
ヤシの木しかなかったという20年前のバリ島のクタのようです。
そんな素朴さがここクタ・ロンボクの魅力でもあります。

5.ササック族、サデ村

こちらの村では昔からある文化の元を保ってあり、ササック族「ロンボク島の素性族」が今まで住んでいます。まだ現代的な暮らしをしていないササック族のユーニックな村です。このサデ村は観光者に有名な観光地であり、タンジュンアーンビーチへ行くついでにPraya-Kuta道路にあるこの村に訪問する観光者が多いです。ササック人の多くはイスラム教徒です。ササックの男性は農家で、女性は“織物”を織って暮らしています。この織物は制作が複雑なので、多くの時間を要します。オーガニックな着色方法と原材料で作られるユーニックな“織物”はサデ村で買える工芸品です。

ロンボク島のベストシーズン

ロンボク島のベストシーズンは乾季の7~8月。
天気も良く、日中の気温も25°前後でカラッとした気候が気持ちがいい。
夜は気温が下がる為、薄手の上着を持って行った方が良い。雨季は11~3月。

HISおすすめホテル

ザ・オベロイロンボク(THE OBEROI, LOMBOK)


空港から約120分の最高級ビーチフロントホテル
25エーカーにも及ぶトロピカルガーデンに包まれたビーチフロントの高級リゾートです。
ヴィラとパビリオンには日除けされた開放的なテラスがついており、
美しいガーデンやビーチを望みながらお寛ぎ頂けます。

シェラトン スンギギ ビーチ リゾート(SHERATON SENGGIGI BEACH RESORT)


空港から約90分のデラックスリゾートホテル
ロンボク西部のスンギギビーチに立地し、
美しい風景に囲まれたリゾートです。
プライベートビーチもあり、
カップル・ファミリーにもおすすめのホテルです!

スダマラ スイーツ & ヴィラズ(Sudamala Suites & Villas)


空港から約90分、ロンボク島西部スンギギに位置するリゾートです。
客室は天井が高く開放感のある広々とした造りで、プライベートプール付きのヴィラもあります。
プライベートビーチもあり、カップルからファミリーまで幅広い層にお楽しみ頂けるリゾートです。

ロンボク島 食べ物

1.アヤム・プレチンタリワン

ロンボク島の郷土料理が、鶏一匹まるごと使ったこのタリワン。辛味のしみた鶏肉はサンバルを加えなくても既に辛く、ごはんが進む一品。引き締まった肉を手で裂きながらごはんと一緒に更に手を使って食べるのもおいしさの秘訣。

ロンボク島 旅行体験談

◆ロンボク島体験談!Part1
◆ロンボク島体験談!Part2(スダマラスイート&ヴィラズ スンギギ編)
◆ロンボク島体験談!Part3(シェラトンスンギギビーチ&リゾート編)
◆ロンボク島体験談!Part4(空港&お土産編)