バンカ島の観光案内 HISインドネシア

バンカ島


バンカ島(インドネシア語: Pulau Bangka)はインドネシア西部にある島で、スマトラ島とカリマンタン島の間のカリマタ海峡に位置しています。東にはガスパル海峡を隔ててブリトゥン島があり、バンカ・ブリトゥン州に属します。
バンカ島はインドネシアの一つの島で、真珠のような白い砂浜、すきとおった海があり、
シュノーケリングにも最適です。インドネシア国内でも有名なバンカ島の食べ物も食べられます。

バンカ島の観光名所

1.パライビーチ (Pantai Parai)

パライビーチはスガイリアットにあります。空港から約40キロメートル、1時間で行けます。このビーチはバンカ島の一番有名なビーチです。白い砂浜、緑もたくさんあり、岩が転がっています。穏やかな海で子供が遊んでも安心できます。ビーチの周りにリゾートやホテルやレストランなどがあります。

2.マットラスビーチ (Pantai Matras)

マットラスビーチはスガイリアットにあります。アクセスが良く、多くの観光客が訪れます。ビーチの周りにはリゾートやホテルやレストランなどがあります。

3.ロモドンビーチ (Pantai Romodong)

ロモドンビーチは西側にあり、バンカ島でサンセットが一番きれいです。白い砂浜、すきとおった海、4キロメートルにわたる海岸はお勧めです。このロモドンビーチに入る際、門のような大きい石があり、こちらも観光名所になっています。

4.プニュスックビーチ (Pantai Penyusuk)

白い砂浜に色々なサイズの岩が転がっています。他のバンカ島にあるビーチよりも岩が多いです。美しい小さい島(ランプ島、プトゥリ島)もプニュスックビーチの前に見え、ボートで行けます。

5.ゲドン村 (Kampung Gedong)

ゲドン村はオランダ統治時代にバンカ島に連れてこられた中国人の村で有名です。その中国から来た人たちはHakka人と呼ばれています。Hakka人は鈴の労働者として中国の広東省からバンカ島に連れてこられました。Hakka人の中には、今でもインドネシア語・メラユ語(ローカル言語)が通じず、中国語だけで生活している人がいます。ここでは約7つの家を昔作られたままの状態(オリジナル)で見ることができます。

6. スズ博物館(Museum Timah)

インドネシア・スズ博物館は、パンカルピナンにあります。石のコレクション、浚渫船のミニチュアやスズ炭坑のモデルなどが保管され、インドネシアのスズ鉱山の歴史やスリウィジャヤ王国のコタ・カプール碑文のレプリカも展示されています。

7.バンカ植物園(Bangka Botanical Garden)

バンカ植物園のオーナーが250ヘクタールのスズの廃坑を緑エリアに付け換えりました。ここには色々な果物や野菜の農場があります。例えばドラゴンフルーツの農場があります。見るだけでなく、食べたり、買ったりすることができます。牛ファームもあり、牛乳を無料で飲めます。釣りに興味がある人は、釣り堀もありますので、釣った魚をここで食べられます。

バンカ島のベストシーズン

ベストシーズンは乾季(4~10月)。乾季は天気が良く快晴が多いが、たまに風が強いです。雨季(11~3月)は乾季に比べ風は穏やかですが、午後雨がよく降ります。

バンカ島への行き方

バンカ島の空港はパンカルピナンにあります。パンカルピナン行きの飛行機は、毎日ジャカルタから出ています。ガルーダインドネシア航空、シティリンク航空、スリウィジャヤエアー、ライオンエアーで行けます。ジャカルタからパンカルピナンまでは50分ぐらいです。